大会名

Growth Cup Kanagawa U-15 2022

開催趣旨

高校年代にステージを移す選手達が、中学校卒業間近で起こる中だるみを払拭し、本気で闘う場を設ける事で目標やモチベーションを持ち続け、継続的な成長を達成する事を目的として開催する。

主催

Growth Cup Kanagawa U-15 2022大会実行委員会
(株式会社イプサム/ジュニアサッカーWeekly)

協賛

調整中

日程

予選:2022年8月〜12月
本大会グループステージ:2023年2月18日(土)〜19日(日)
本大会ノックアウトステージ:2023年3月4日(土)〜5日(日)

会場

予選大会:神奈川県内
本大会グループステージ:時之栖スポーツセンター
本大会ノックアウトステージ:星槎箱根キャンパスグラウンド

出場チーム

シュートJrユース / Fスタジオ / FC.Kanaloa / 瀬谷インターナショナルフットボール / 和光ユナイテッド川崎FC / FCヴィアージャ / クラブテアトロJY / FC Fujisawa / バディージュニアユース横浜 / 秦野FC / カルペソール湘南 / FC厚木JY MELLIZO / AC等々力 / FC AIVANCE YOKOSUKA / P.S.T.C.LONDORINA / 横浜栄FC / 大豆戸FC / SCH.FC / FC COJB / 伊勢原FCフォレスト / 横浜GSFC / FC66 / アトラエンセFC平塚 / FC厚木DREAMS

競技方法

1.予選
シード(前年度大会優勝・準優勝)チームを除く22チームをA〜Fまでの6グループに分けリーグ戦を行い、各グループの上位2チームと4チームグループ3位の中から成績上位2チームの合計14チームが本戦への出場権を獲得する。

2.本大会グループステージ
シードチームを加えた16チームをA〜Dまでの4グループに分けリーグ戦を行い、各グループの上位2チームがノックアウトステージに進出する。

3.本大会ノックアウトステージ
本大会グループリーグを勝ち上がった8チームによるトーナメントを行い、優勝、準優勝、3位を決定する。

4.競技規則
①試合時間は35分ハーフとする。
②予選大会並びに本大会グループステージにおいては競技時間内に勝敗が決定しない場合は引き分けとする。
③本大会ノックアウトステージの1回戦においては競技時間内に勝敗が決定しない場合は即PK戦により勝敗を決定する。
④本大会ノックアウトステージの準決勝・3位決定戦・決勝においては、競技時間内に勝敗が決定しない場合、10分ハーフの延長戦を行い、その後PK戦を行うものとする。
⑤交代人数に制限は設けないが再入場は不可とし、後半の交代回数を3回までとする(1回に複数人を交代することは可能)。また、前半、ハーフタイム、延長戦に入る前のインターバルでの選手交代は、後半の交代回数に含まれない。
⑥その他は日本サッカー協会発行「サッカー競技規則2021/22」に準ずる。

5.予選並びに本大会グループステージの順位決定
①:勝点は、勝利=3点 引分=1点 敗戦=0点とし勝点の多い方を上位とする。
②:勝点が同じ場合は得失点差の多い方を上位とする。
③:得失点差が同じ場合は得点の多い方を上位とする。
④:③で得点も同じ場合は当該チーム同士の対戦結果にて決定するが、なお引き分けの場合は抽選とする。

6.本大会進出チーム
①予選の各グループ1位、2位の12チームと、4チームグループ3位の中から成績上位2チームの計14チームが本大会に進出する。
②予選の4チームグループ3位で、勝点、得失点差、総得点等が同じ場合は抽選で順位を決定する。
③本大会グループステージの組合せは抽選で決定する。

表彰

優勝:トロフィー、賞状
準優勝:賞状
3位:賞状

チームスカウト・メディアの皆様へ

本大会の視察を希望されますスカウト担当の皆様、取材をご希望されますメディアの皆様は、下記よりご連絡をお願いいたします。

大会事務局 info@ip-sum.me

PAGE TOP